▼ オススメ記事




こんにちは、まきです

 

私の今回の留学計画は、

留学エージェントを使わずに行きます!!!!

Yeeeaaaah!!

 

正直ハードル高いんですけど、色々な方からの協力をいただいて実現させます

ということで、こちらが留学の概要

🇩🇪ドイツ→🇸🇪スウェーデン→🇮🇳インド

どの国も約2ヶ月ずつ滞在の予定

途中でスイス🇨🇭の友達にも会いにいきます!

【2018年1月10日現在】

留学の目的

教育とテクノロジーの分野でグローバルに活躍していきたい

将来は、教育とテクノロジーの分野でグローバルに活躍していくのが目標です!

そこで、今回の留学はその実現に向けた研修留学にしたいと思っています

 

デジタルハリウッド大学大学院教授 佐藤昌宏氏が語る、EdTech(エドテック)の本質

https://www.watch.impress.co.jp/kodomo_it/edtech_special/1148249.html

大学でお世話になっている、EdTechの第一人者、佐藤先生のインタビュー♪

 

より教育の面からテクノロジーを活用していける人になるべく、色々な国の教育を見ていきたいと思っています。またインドのIT企業でインターンシップをすることで、最先端のテクノロジーにも触れたいと思っておりまする

 

2019年 2月 - 4月 ドイツ留学

ドイツ留学はお母ちゃんの友人で、実際にドイツでシュタイナー教育をされている稲垣真理子さんにご協力いただき行くことに!

稲垣真理子さんとは

真理子さん主催 子育てサポート「ぶなの森」

http://www.bunanomori.de/

 

シュタイナー教育とは

私はシュタイナー教育のプロフェッショナルでもなんでもないので、日本シュタイナー学校協会さんの「シュタイナー教育とは」を引用させていただきます (感謝

すべての子どもはユニークな個性をもって生まれてきます。そして、その個性を世界と調和させて生きたいと願っています。
ドイツを中心に活躍したシュタイナー教育の提唱者、ルドルフ・シュタイナー(1861-1925)が教育における才覚を初めて発揮したのは23歳の頃でした。彼はある家庭から、11才半になる水頭症の少年の家庭教師を依頼されました。その少年はまったく学習活動を受け付けることができませんでした。ルドルフ・シュタイナーが行ったのは、彼を編み物などの手仕事に取り組ませることでした。手足を使った意志活動に集中した結果、わずか1年半で少年の頭は小さくなり学校に受け入れられます。その後、少年はギムナジウムの課程を終えて医者になりました。
ルドルフ・シュタイナーはこのような経験と独自の人間洞察から、知的な経路を通じた学習は教育のほんの一部に過ぎないと考え、感情や意志に働きかける総合芸術としての教育を構想していきました。芸術となった教育により、すべての子どもに共通する心身の発達プロセスを適切に整え、その上でひとりひとりのまったく異なる個性をそのプロセスの中に調和的に導き入れる。そのようなプロセスを通して、個性はとらわれのない自由を獲得できると考えたのです。

日本シュタイナー学校協会 https://waldorf.jp/

 

シュタイナー教育は、教育を学問として体系化した「人間学」を学ぶことができるので、ぜひこの学問を勉強したいなという思いでシュタイナー教育の本場であるドイツを選びました!

 

幼稚園でボランティア

真理子さんにご紹介いただいて、ボランティア先の幼稚園もご紹介いただき決まりました!

 

ドイツ語の勉強

真理子さんの娘さんがちょうど大学生ということもあり、家庭教師をお願いすることに

 

といったようにまりこさんのご協力なしには実現しなかった計画です (ぶわっ😭

2019年 4月 スイスで友達の誕生日を祝う

4月はちょうど、ドイツがイースターの時期に入り幼稚園もお休みになります

そこで20歳の時に短期留学で出会ったスイス人のお友達の誕生日をお祝いに!!!

Ich freue mich schon!! (楽しみにしてます!)

多分あってる。

2019年 4月 - 6月 スウェーデン留学

スウェーデンでは直感教育について勉強します

またしても真理子さんのコネクションをお借りして行くことに!

ありがとうございます....!!!!

 

直感教育とは

これまたわたくし、プロフェッショナルでもなんでもないのでまりこさんの投稿を拝借いたします

 

やりたいことがあるのに、日々の仕事をこなすだけで精一杯で、自分の目指す方向に進めない、もっとシンプルに楽しく生きたいと思うのに、細かいことが気になったり、将来のことが不安になったりしてしまう。そんな時、あなたの身体はどうなっていますか?窮屈で息ができなくなっていませんか?
私たちは自由です、前も後ろも横にも空間はいっぱいあります。窮屈に感じているのは、自分の頭だけ。このセミナーは、身体を感じ、動くことによって、「私は世界の中心に立っている」「私の周りには360℃世界が広がっている」を感じていただこうと思います。

真理子さん facebook

直感教育の現場でボランティア

直感教育を実践している小学校に直接メールをして交渉中です...

そうんです。結構ギリギリなんです

  

2019年 6月 - 8月 インド留学

実は、私2歳の時にインドにいたことがある。 ただ残念なことに2歳なのでなんにも覚えていない。

くそうっ!

 

インド留学は、普段インド人に囲まれて働く、けんさんとなおきちにサポートをいただいて計画中!

インドを軽視する日本人が知らない大きな波 最先端のITトレンドはこの国から生まれる

https://toyokeizai.net/articles/-/233811

まさにこれですよこれ

この記事の中で紹介されているアダールというサービスは、

出生届など身分証明書類が不備な貧困層も、社会保障など行政サービスを利用可能になる

http://21trillion21.com/?p=4834

というメリットがあります。 このサービスでどれだけの人が救われることだろうか.....

テクノロジーは、貧困問題の解決にも繋がることは間違いありません。そこでインターンシップをしようと決めました

 

IT企業でインターンシップ

こちらも現在進行形で相談中

バンガロールで働けたら最高だよね

アシュラムでヨガ

最近体づくりのためにYoutubeを見ながらヨガをやっております

ちなみに幼馴染のお母さんがヨガの先生だったり、いつもお世話になってる子ども達のママの中にもヨガの先生がいたりと普段からヨガに触れる機会が多くあります

 

え?なんでここにきてヨガ?って思う方もいると思うんですけど、その理由は心と体をつなげて自分がやりたいことを実現できる自分になるためです

私もあと2年後には社会で100%働くことになります。 その前にこれはやらねばと感じました

場所はインターンシップ先を決めてから申し込み予定

というように現在進行中な訳でございます

もしかしたらダメになってしまうプランもあるかもしれないけど、やりたいことは全部やれるように努力してまいります!

ナマステ

随時更新してまいります:)

【更新情報配信中】LINE@はじめました
ブログや動画の更新情報配信中!!!
よかったら、お友達になってね

友だち追加

 

おすすめの記事